pagetop

文字サイズ:小 中 大

家族支援・交流事業

ママレモンズ

 障がいを持つ子どもの母親として、様々な体験を経て、日々子育てをされて いるお母さんたちの、悩み・不安・喜び・感動・情報交換などが出来る場として、2005年に「ママレモンズ」が発足しました。

 じらふの障がい児通所支援&ヘルパーをご利用のメンバーさんのお母さんを対象に、月1回程度(お休みの月もあり)のペースでのんびりと活動しています。

おやじの会

 じらふの障がい児通所支援&ヘルパーをご利用のメンバーさんのお父さんを対象に年に2回ほど、居酒屋での飲み会や、バーベキューなどの集まりの場を開催しています。じらふの職員も一緒に参加し、交流をしています。

障害のある子どもの放課後保障全国連絡会

 障がいのある子どもの放課後保障全国連絡会(略称:全国放課後連)は、障がいのある子どもの放課後および学校休業日における活動を発展させる運動を進め、障がいのある子どもの発達およびその家族への援助が保障されるようにすることを目的として活動している全国的な連絡会です。 じらふも参加しています。

事業所連絡会「アンテナ」

 大阪市南部の障がい福祉分野における事業所でつくるネットワーク組織です。2006年度から活動を開始し、各団体代表でなる運営委員会と、各現場スタッフによる事務局会議で構成。事業所間の情報交換、利用者・社会へ向けた情報提供・発信、講座やイベントの実施、スタッフ研修・交流などを目的としています。

 現在、アミーカ(阿倍野区)、サンフェイス(生野区)、み・らいず(住之江区)、じらふ(住吉区、住之江区)が加盟。
 交流会として、マス釣り大会、ぶどう狩りイベント、ドッチボール大会などを行っています。

  また、支援者養成として、ガイドヘルパー講座も開催しています。 

住吉区・住之江区放課後等デイサービス事業所連絡会≪通称:すみすみ≫

 2013年4月にすみすみを発足しました。住吉区、住之江区の障がい児通所支援事業所22ヵ所、相談支援事業所3ヵ所、住吉区社協、住之江区社協、住吉区CSWが加盟しています。情報交換を中心に【顔の見える関係】、【気軽に連携しよう】と毎月集まっています。また、【みんなで質の向上をしよう!】と合同研修を開催しています。保護者さん向けの勉強会も開催して、子どもたちにとってよりよい関わりができるようなすみすみ進めています。